金沢でAI配車タクシー実験 観光客ら最適ルートで相乗り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
AIの配車指示を受け取るタクシー用のタブレット端末。画面には客が配車を希望する時刻や場所、目的地などが表示される=金沢市広坂1の市庁舎で2019年9月20日、日向梓撮影
AIの配車指示を受け取るタクシー用のタブレット端末。画面には客が配車を希望する時刻や場所、目的地などが表示される=金沢市広坂1の市庁舎で2019年9月20日、日向梓撮影

 金沢市でAI(人工知能)を使った相乗りタクシー実現の試みが進んでいる。先月21日には観光客を対象にした実証実験があり、市は交通過疎地域での新たな移動手段の可能性も見据える。北陸3県には他にも、自動運転の実証実験などを通じて住民の「足」を維持する方法を模索する自治体がある。取り組みの現状を追った。

 金沢市の実験はAIなどの活用を進める市の「新産業創出ビジョン」の一環で、ベンチャー企業「未来シェア」(北海道函館市)などと協力して実施した。乗客が専用アプリで乗降車位置や配車希望時間、人数などを送信すると、AIが客の要求に応じて最も近くを走るタクシーの端末に配車を指示。複数の予約を集約し、最適ルートでそれぞれの乗客を乗り降りさせることもできる。アプリは日本語の他、複数の外国語に対応していて、入力した目的地は運転手側にも通知されるため、乗れば目的地まで言葉のやりとりは不要だ。実験では1日1000円の乗り放題とした。

 イタリア人のグイド・ザゲットさん(31)=東京都世田谷区=は、JR金沢駅から乗車。日本語は堪能だが、「初めての街でバスに乗るのは難しい。アプリも使いやすく便利で助かった」といい、兼六園の散策に向かった。実験に協力した男性運転手(55)は、コミュニケーションの不安は解消されたと評価する一方で、「AIの指示ルートは渋滞していたり、細かったりで、ほとんど普段使う道を選んだ。参考程度やね」と語った。

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文1331文字)

あわせて読みたい

注目の特集