川崎市市民ミュージアムの地下部分水没 約23万点の美術品など収蔵

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
休館を伝える川崎市市民ミュージアムのホームページ=同ホームページより 拡大
休館を伝える川崎市市民ミュージアムのホームページ=同ホームページより

 東日本を縦断し大雨をもたらした台風19号の影響で、川崎市の川崎市市民ミュージアムの地下部分が水没した。地下には、19世紀末のロートレックのポスターなど約23万点のコレクションを保管する収蔵庫があり、同館は貴重な資料に影響が出ていないか心配している。電気設備が使用できなくなったため、同館は当分の間、全面休館を決定。開催したばかりの「田河水泡と子供マンガの遊園地」展などを中止とした。

 同館によると、屋外の駐車場から雨水が入り込み、機械室などが水没。このため、13日からポンプ車で排水しており、16日中にも排水作業が終了する見込みだという。

 同館は、ポスター、写真、漫画、映画フィルム、ビデオなど全国最大級のコレクションを収蔵している。収蔵庫は別の部屋を隔てた先にあり、金庫のような厚い扉に守られているが、電気設備が使用不可能になったため、普段行っている温湿度管理もできていない状況だ。佐藤美子学芸部門長は「雨水が入り込んでいないことを祈るばかりだ」と話している。【高橋咲子】

あわせて読みたい

ニュース特集