メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河村市長 「トリエンナーレ」負担金めぐり検証委設置へ 当面支払い保留

記者会見であいちトリエンナーレについて語る、名古屋市の河村たかし市長=同市役所で2019年10月15日午前11時20分、野村阿悠子撮影

 14日に閉幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」を巡り、名古屋市の河村たかし市長は15日の定例記者会見で、市の負担金を県に支払うかどうか決めるため、市独自の検証委員会を設置する考えを明らかにした。

 芸術祭実行委員会の会長代行を務めた河村市長は会見で、一時中止された企画展「表現の不自由展・その後」…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文355文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

  5. 平手打ちや蹴り 小学女子バレー監督が体罰か 日小連が再調査指示 大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです