メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河村市長 「トリエンナーレ」負担金めぐり検証委設置へ 当面支払い保留

記者会見であいちトリエンナーレについて語る、名古屋市の河村たかし市長=同市役所で2019年10月15日午前11時20分、野村阿悠子撮影

[PR]

 14日に閉幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」を巡り、名古屋市の河村たかし市長は15日の定例記者会見で、市の負担金を県に支払うかどうか決めるため、市独自の検証委員会を設置する考えを明らかにした。

 芸術祭実行委員会の会長代行を務めた河村市長は会見で、一時中止された企画展「表現の不自由展・その後」の展示内容について、事前に市側に十分な説明がなく、故意に隠されていた可能性があると主張。「どういうプロセスで展示に至ったのか市としても検証が必要」と語った。

 今年度末までには検証を終え、支払うべきか判断するという。市は今年度、芸術祭の負担金として約1億7100万円を県に支払うことを決め、うち約1億3720万円は支払い済み。残り約3300万円は18日に支払う予定だったが、当面は支払いを保留する。【野村阿悠子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです