メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

補正予算案、来年通常国会冒頭で提出へ 台風19号で自民方針 

参院予算委員会の冒頭、台風19号による犠牲者を追悼し黙とうする安倍晋三首相(前列左端)と閣僚たち=国会内で2019年10月15日午前9時11分、川田雅浩撮影

[PR]

 政府は15日、台風19号被害に対応する非常災害対策本部の会合を首相官邸で開き、安倍晋三首相が補正予算の編成を含めて被災地の財政支援に万全を期すよう指示した。これに関連し、自民党の森山裕国対委員長は、来年1月召集の通常国会冒頭に補正予算案を提出する見通しを示した。

 首相は会合で、今年度予算に計上されている5000億円の予備費を積極的に活用する考えを示したうえで「必要があれば、補正予算も含めてしっかりと財政措置を講じる」と語った。このほか、被災自治体向けに普通交付税の繰り上げ交付を迅速に実施するよう指示した。

 政府は台風通過後の13日夕に非常災害対策本部の初会合を開催。14、15両日とも朝、夕の2回開催し、早期復旧に向けて関係省庁に指示を出した。

 また、首相は15日の参院予算委員会で、今回の台風被害を「激甚災害に指定する方向で調整を進めている」と述べた。激甚災害に指定されれば、復旧事業で国の補助率がかさ上げされ、自治体の負担が軽減される。被災自治体が財政面の不安なく復旧に取り組めるよう、政府として財政支援に努める考えを強調した。

 これに関連し、自民、公明両党の幹事長、国対委員長が15日、国会内で会談した。森山氏は会談後、「これだけの大災害だと予備費だけでは考えにくい。12月の当初予算の編成と合わせて、補正(予算)をしっかり組んで対応するのではないか」と記者団に語った。

 また、河野太郎防衛相は15日、即応予備自衛官と予備自衛官を当面200人、最大1000人招集すると表明した。倒木除去など復旧作業のほか、給水支援、入浴支援など被災者の生活支援にあたる。【杉直樹、立野将弘】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  5. 世界最高更新「期待に応えられるよう、いい演技を」NHK杯前日会見・羽生一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです