メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国内最高齢16歳のアラビアオリックス天国へ 福岡市動物園 ユニコーンのモデル

死んだアラビアオリックスの「ジョリー」(2018年9月撮影)=福岡市動物園提供

 福岡市動物園は15日、飼育している国内最高齢のアラビアオリックス「ジョリー」(雄、16歳)が死んだと発表した。一般的な飼育下での寿命は20歳程度だという。

 アラビアオリックスは牛の仲間。長く伸びた角に特徴があり、伝説上の動物「ユニコーン」のモデルとも言われる。国内では福岡市動物園と金沢動物園(横浜市)だけで飼育しており…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文403文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. ORICON NEWS 電気グルーヴ、新マネジメント会社設立 FCでビデオメッセージ公開

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです