メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浸水の長野・飯山市役所再開 り災証明書発行に追われる

[PR]

浸水した庁舎1階では市職員による清掃作業が続いた=飯山市役所で2019年10月15日午前11時26分、菊池陽南子撮影

 台風19号の影響で長野県飯山市役所は庁舎1階が浸水し、15日に4階に臨時窓口を開設した。被災した市民がり災証明書の発行申請や相談に訪れ、市職員が対応に追われていた。

 飯山市では13日に千曲川支流の皿川が氾濫し、約400戸が床上浸水した。市役所も約1メートルの高さまで浸水。14日に市職員OBも加わって泥のかき出しなど復旧作業に当たり、15日の業務再開にこぎ着けた。

庁舎4階に設置された臨時窓口=飯山市役所で2019年10月15日午前11時36分、菊池陽南子撮影

 15日にり災証明書の発行手続きに訪れた同市飯山の田中琢雄さん(73)は自宅が床上浸水し、床に泥が堆積(たいせき)した状態といい「初めてのことでどんな手続きをするか分からない」と困惑した様子だった。

 市役所は一部のシステムが使えない状態だが、市総務部情報政策係の久保田珠希主査は「市民への対応の合間を縫ってではありますが、一刻も早く全業務が復旧するよう努めたい」と話していた。【菊池陽南子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです