メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 両陛下がお見舞いの気持ち 上皇后さまは誕生日行事とりやめ

「第39回全国豊かな海づくり大会」出席のため、秋田に向け特別機で出発される天皇、皇后両陛下=羽田空港で2019年9月7日午前10時6分、竹内紀臣撮影

 宮内庁の西村泰彦次長は15日の記者会見で、天皇、皇后両陛下が台風19号による大雨災害で多くの人が被災していることにお見舞いの気持ちを持たれていることを明らかにした。犠牲者を心から哀悼するとともに、安否不明者の早期発見や一日も早い復旧と被災者の生活再建を願っているという。

 一方、20日に85歳の誕生日を迎える上皇后美智子さまは、住まいの皇居・吹上仙洞御所で当日予定されていた祝賀行事をすべて取りやめ、ご一家での昼食会だけを行う。上皇さまと共に被害を伝えるニュースなどを見て、他に類を見ない被災地域の広さなどに心を痛めているという。【和田武士】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです