メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

苦戦の流れ変えた南野「今日も駆け引きで勝てた」 代表戦4試合連続ゴール

W杯アジア2次予選【日本-タジキスタン】前半、セーブする日本のGK権田。南野がここまで下がってディフェンスした=ドウシャンベで2019年10月15日、AP

W杯アジア2次予選○日本3-0タジキスタン●(15日・ドウシャンベ)

 リズムがつかめないまま流れ続けた時間に終止符を打った。試合前、台風19号の犠牲者に黙とうをささげ、喪章を着けて臨んだ日本は、南野のゴールで2万人収容のスタジアムを埋め尽くしたタジキスタンサポーターを黙らせた。

 格下とはいえ、日本はタジキスタンを警戒していた。実際、相手の素早い寄せと組織的な守備、強いフィジカルに苦しみ、前半を0―0で折り返した。

 だが、流れが悪くても試合を決める。9月の国際親善試合から代表戦3試合連続ゴールと波に乗っている今の…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです