メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

白河 桃子・評『140字の戦争』『隠された悲鳴』

SNSという手段を駆使して世界を動かす少女たち

◆『140字の戦争--SNSが戦場を変えた』デイヴィッド・パトリカラコス/著 江口泰子/訳(早川書房/税別2000円)

◆『隠された悲鳴』ユニティ・ダウ/著 三辺(さんべ)律子/訳(英治出版/税別2000円)

 スウェーデンの環境活動家、16歳のグレタ・トゥーンベリさんが、9月23日に国連の気候行動サミットでスピーチをした。

「あなた方が話すことは、お金のことや、永遠に続く経済成長というおとぎ話ばかり。よく、そんなことが言え…

この記事は有料記事です。

残り1249文字(全文1483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです