メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

開沼 博・評『読書会入門 人が本で交わる場所』山本多津也・著

読書という土台の上に成り立つ密度の濃いコミュニティー作り

◆『読書会入門 人が本で交わる場所』山本多津也・著(幻冬舎新書/税別780円)

 高度経済成長期、就職や進学のために都会に出てきた若者たちは、今日よりよくなるだろう明日に希望を持ち、エネルギーに満ち溢(あふ)れていた。ただ、地縁・血縁のしがらみから自由になった故に彼らが直面するのは、バラバラの個人として生きなければならない不安だった。身寄り・居場所のなさを埋めるのが職場だった人もいれば、労働組合や新興宗教の人もいた。その時代に形成された新たな「縁」のインフラは、現代にも一定の影響力を保っているが、いまでも生まれ続けるバラバラの個人とその人たちが抱える不安を吸収する場としては頼りなくも見える。

 それを補完するのがインターネットに違いないという期待も、そこに広がる殺伐とした風景がより鮮明に見え…

この記事は有料記事です。

残り1150文字(全文1526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告保釈される 勾留先の警視庁東京湾岸署から

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. さっそく小泉氏もマイバッグ 環境、厚労の庁舎でレジ袋廃止

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです