メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

U-22日本代表、強豪ブラジルを撃破! ミドル3発を沈め“敵地”で価値ある逆転勝利

情報提供:サッカーキング

2ゴールを決めた田中碧(写真はトゥーロン国際大会のもの) [写真]=Getty Images
 ブラジル遠征中のU-22日本代表は14日、レシフェでU-22ブラジル代表と国際親善試合を戦った。

 両チームは今年の6月に行われたトゥーロン国際大会の決勝戦以来の対戦で、その時は1ー1で90分を戦った後PK戦の末ブラジルが勝利した。今回、日本のスターティングメンバーにはMF中山雄太やMF三好康児、MF食野亮太郎ら海外でプレーする選手も名を連ねた。

 試合は開始15分でスコアが動く。ペナルティエリア内でDF渡辺剛が相手選手へのファウルを取られ、PKを献上。これをFWマテウス・クーニャに決められ、日本は1点を追いかける展開となった。

 しかし日本も負けじと28分、ペナルティエリアの手前でパスを受けたMF田中碧が右足を振り抜く。相手GKが反応できないミドルシュートが決まり、前半は1ー1で折り返した。

 迎えた52分、日本はブラジルを押し込むと、ペナルティエリア手前にこぼれたボールを再び田中がミドルシュート。相手DFに当たったボールはそのままブラジルゴールに吸い込まれネットを揺らした。

 ブラジルはその後、レアル・マドリードに所属するFWロドリゴを投入。得点への姿勢を強める。

 しかし、次にゴールを挙げたのも日本。68分、ペナルティエリア手前右でボールを受けた中山が前向くと、左足一閃。低い弾道の強烈なシュートが相手GKのニアサイドを破り、日本が2点のリードを奪った。

 その後、ブラジルは右サイドのクロスからDF立田悠悟のハンドを誘い、PKを獲得。82分にFWペドロがこれをきっちり沈め、試合は1点差に。さらに85分、DF町田浩樹が相手への危険なタックルで一発退場。日本代表は数的不利に追い込まれる。

 それでも日本はリードを守り切り、2ー3で試合終了。敵地で価値ある白星を挙げ、トゥーロン国際大会のリベンジを果たした。

【スコア】
U-22ブラジル代表 2ー3 U-22日本代表

【得点者】
1ー0 マテウス・クーニャ(U-22ブラジル代表)
1ー1 田中碧(U-22日本代表)
1ー2 田中碧(U-22日本代表)
1ー3 中山雄大(U-22日本代表)
2ー3 ペドロ(U-22ブラジル代表)

【関連記事】
●バルサ、スアレスの後釜候補を模索中…各国から4選手をリストアップ
●ジェラード、古巣率いるクロップ監督を称賛「彼の元でプレーしてみたい」
●ウィリアン、元同僚のランパード監督を称賛「違和感を覚えるけど」
●「母国を愛している」…ジョルジーニョのセリエA復帰に代理人が言及
●トッテナム、1月に再びB・フェルナンデス獲得に動く…エリクセンの後釜か

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  2. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  3. グレタさん「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説全文

  4. サンマが黄色く変色…「メインおかず」抜きの給食に 草津の小学校

  5. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです