メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

29年ぶりの平壌開催…北朝鮮と韓国の歴史的一戦はスコアレスドロー

情報提供:サッカーキング

韓国と北朝鮮の一戦はスコアレスドローで終了した [写真]=Korea Football Association via Getty Images
 2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選が15日に行われ、北朝鮮代表と韓国代表が対戦した。

 韓国代表が北朝鮮の平壌で試合をするのは1990年10月に行われた親善試合以来、実に29年ぶりとのこと。韓国のスターティングメンバーには、元ガンバ大阪のファン・ウィジョ(ボルドー)、ナ・サンホ(FC東京)らが名を連ねた。一方、北朝鮮は李栄直(東京ヴェルディ)が先発出場を果たした。

 試合は両チームとも得点を奪うことはできず、歴史的な一戦はスコアレスドローで終了した。試合の結果、グループHでは韓国と北朝鮮が勝ち点7で並んだが、得失点差で韓国が首位に立っている。

【スコア】
北朝鮮 0-0 韓国

【関連記事】
●南野拓実が迎えたキャリア最高の時…「CLでも楽しんでプレーできてる」
●宮市所属のザンクト・パウリ、MFシャヒンを追放…トルコ軍支持を表明
●Aサンチェスが左足首を負傷…チリ代表監督「彼を2、3ヶ月失う可能性がある」
●ベルギー代表として活躍するアザール、マドリードでの生活に言及「批判は気にしない」
●グアルディオラがカタルーニャ政治家の実刑判決に怒り…声明を発表

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです