メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

五感で探った「カッコいい韓国」 嫌韓ばやりで思い出す、1985年「平凡パンチ」伝説の特集

平凡パンチの「カッコいい韓国」特集の表紙=宮武祐希撮影

 本屋で「嫌韓」雑誌をちらと見やりながら、ふと「平凡パンチ」(マガジンハウス)のことを思い出した。1985年、部数低迷から脱すべく週刊誌としては前代未聞、一冊丸ごと韓国の大特集を組んだのだ。表紙のキャッチコピーは<カッコいい韓国>。そう、いまどきの「韓国たたき」と正反対。伝説の大特集はいかにして生まれたか?【鈴木琢磨】

 しょせん、週刊誌は読み捨てられていく。でも私はこの「平凡パンチ」を捨てずに持っている。なくしては古本屋で見つけて3度も買い直した。表紙に韓国の有名女優、李甫姫(イボヒ)の艶っぽい写真があしらわれ、ファンキーな文章がプリントされていた。<ゼンゼン知らなかったよ 韓国がこんなにステキな国だったなんて>。ページを開けば、ソウルの漢江(ハンガン)沿いにそびえる63ビルが夕日に輝く写真。<韓国からの誘惑>…

この記事は有料記事です。

残り2552文字(全文2912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで雇い止め 地下鉄売店勤務の女性、ゼッケンで抗議と客への感謝

  2. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  3. 「におい、味全くしない」感染の入院患者証言 対応看護師減り「病院余裕ない」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです