メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

五感で探った「カッコいい韓国」 嫌韓ばやりで思い出す、1985年「平凡パンチ」伝説の特集

平凡パンチの「カッコいい韓国」特集の表紙=宮武祐希撮影

両国で物議醸したが…「今は作り手に熱がない」

 本屋で「嫌韓」雑誌をちらと見やりながら、ふと「平凡パンチ」(マガジンハウス)のことを思い出した。1985年、部数低迷から脱すべく週刊誌としては前代未聞、一冊丸ごと韓国の大特集を組んだのだ。表紙のキャッチコピーは<カッコいい韓国>。そう、いまどきの「韓国たたき」と正反対。伝説の大特集はいかにして生まれたか?【鈴木琢磨】

 しょせん、週刊誌は読み捨てられていく。でも私はこの「平凡パンチ」を捨てずに持っている。なくしては古…

この記事は有料記事です。

残り2680文字(全文2912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  4. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです