メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ

インフル早くも流行 原因「W杯」指摘も 12都県

 例年12月ごろからはやり出すインフルエンザの患者が2カ月以上も早くから増加している。厚生労働省によると、先月15日までの1週間に全国約5000の定点医療機関から報告のあった患者数が1カ所当たり1・17人で、昨年の同じ時期の約8・7倍。これまで12都県で流行の目安である1人を超えた。学級閉鎖や休校も43都道府県で累計490施設にも及んでいて、専門家は「ワクチン接種で予防してほしい」と訴えている。

 「毎日数人のインフルエンザ患者が来る」。ナビタスクリニック新宿(東京都新宿区)の久住英二医師(内科)は話す。例年11月ごろから増えるワクチン接種も、今年は接種を始めた10月初旬から多くの予約が入った。久住医師は「ワクチンを打ち早めの予防が大切だ」と話す。

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文882文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  2. 発熱後も出勤、試験官務める 千葉・教諭感染 市立校全教職員の発熱状況調査へ

  3. 女性警官の信号無視見逃し 犯人隠避容疑で警部補書類送検 兵庫県警

  4. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  5. 千葉市立中の60代女性教員感染 勤務先の学校消毒、25、26日休校に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです