メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 復旧作業進む 被害全容なお不明 /埼玉

決壊した越辺川の堤防。右側が越辺川=埼玉県川越市平塚新田で

[PR]

浸水被害で床が泥だらけになった食堂=埼玉県川越市下小坂の特別養護老人ホーム「川越キングス・ガーデン」で

 台風19号の浸水被害を受けた県内の被災地では、15日も復旧作業が進められた。2000棟以上の住宅浸水が判明したが、被害を報告できていない自治体も19に上り、県はさらに被害が拡大すると見込んでいる。

     県災害対策本部によると、新たに判明した床上浸水は志木市75棟▽ふじみ野市38棟▽朝霞市22棟など。床下浸水は朝霞市86棟▽志木市75棟▽川口市45棟――など。県によると、全体の約3分の1にあたる19市町村が報告できておらず、被害は今後さらに増えるとみている。

     避難者数は15日午後1時現在で220人に減少し、道路冠水などによる県道の通行止めも28カ所に半減した。一方、秩父市中津川や小鹿野町薄(すすき)小森など5地区69世帯が土砂崩れによる道路寸断で車が通行できず、孤立状態にある。

     大野元裕知事はこの日の定例会見で、台風被害への対応について「被災者の救出に全力を挙げた」と話し、市町村による避難勧告や避難指示のタイミングについては「関係機関と連携し、空振りを恐れずに対応した」として、適切だったとの見方を示した。16日に現場視察を行う。【山越峰一郎、畠山嵩】

    特養、片付け追われ 川越

     荒川水系の越辺(おっぺ)川の堤防が決壊し、特別養護老人ホームが孤立する被害があった川越市の下小坂(しもおさか)地区。水が引いた15日、住民らは家財を運び出し、家の中の泥をはき出すなど、片付ける作業に追われた。

     13日未明の浸水で入所者ら約120人が孤立した特別養護老人ホーム「川越キングス・ガーデン」(渡辺圭司施設長)では15日、浸水被害に遭った建物が公開された。

     最も被害が大きかった食堂は水が引いた後も床には泥が残り、ピアノがひっくり返ったり、椅子やテーブルなどが散乱したりしていた。停電が続く中、約50人が午後から泥まみれになった家具を1カ所にまとめるなどの片付け作業を行った。

     渡辺施設長は「職員は一日も早い施設の再開に向けて頑張ってくれている。お年寄りが安心して過ごせる施設として、何とか1カ月以内の再開を目指したい」と話した。

     下小坂地区では民家でも住民の片付け作業が始まった。使えなくなった家具や家電を玄関脇に出していた会社員、山本元樹さん(30)は「1階はめちゃくちゃでした。片付けのために仕事は1週間休みをもらった。何とかきれいにして、戻って来られるようにしなければ」と額の汗をぬぐった。【仲村隆】

    住民「支援足りず」 東松山

     都幾川と越辺川に挟まれた東松山市早俣地区では94世帯の多くが浸水被害に遭った。泥まみれになった家具の片付けに追われた住民らは「支援が足りていない」と疲れた様子で話している。

     関根文男さん(69)は自宅と農業用倉庫が浸水し、水が引き始めた14日から片付けを始めたという。「仮設トイレがなく、手伝いに来てもらっている人が用を足すのに苦労している。災害ごみは集会所に一時保管しているが、あふれてきて困っている」と話す。

     親戚の家の片付けに訪れたというディナゆかりさん(45)は「この地域は報道も少なく、支援が足りていない。衛生面の不安もあり、このままでは2次被害を生みかねない」と危惧していた。

     東松山市社会福祉協議会は14日にボランティアセンターを開設し、市民からの派遣要望の受け付けを始めた。一般のボランティアは市内在住者に限り、16日から受け入れを始める。【平本絢子】

    青果市場が浸水 さいたま

     さいたま市桜区の浦和中央青果市場は12日午後9時ごろから敷地内が浸水し、一部の野菜に被害があった。全面復旧には今週いっぱいはかかるというが、各地から来る青果は受け入れ、15日から販売も始めた。担当者は「農協など出荷元は他の市場などにも出荷しているので、消費者に影響することはほぼないと思う」と話していた。【鷲頭彰子】

    700世帯断水解消へ 秩父

     秩父市の秩父広域市町村圏組合水道局は15日、別所浄水場の西側斜面で発生した土砂崩れにより断裂した送水管(直径200ミリ)2本について、補修作業を終えたと公表した。荒川左岸の同市久那、田村、駒沢各地区の計約700世帯の断水は15日中にほぼ復旧する見通しだとしている。【松山彦蔵】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

    2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

    3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

    4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです