メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんな元気になる絵本

おおいなる だいずいちぞく /富山

 大豆は、東アジア原産の穀物で、日本では縄文時代から食べていたことが分かっています。どうりで、食べ方の工夫が半端じゃないです。この絵本では、大豆の役割について、楽しみながら奥深く追求しています。

 春、タネとして蒔(ま)かれた大豆たち。この時期の最大の敵は鳥さんです。タネ蒔きしているところをちゃんと見ているのか、場合によっては、全てのタネがほじくられて、一つも発芽しないこともあります。その点、大豆は硬くて苦いので、鳥も嫌って全滅を免れます。

 夏、枝が青々と伸びて、たくさんのさやをつけ、枝豆として収穫されます。さほど手を加えなくても美味(おい)しく食べられる枝豆、ありがたい食品です。

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文897文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで雇い止め 地下鉄売店勤務の女性、ゼッケンで抗議と客への感謝

  2. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  3. 「俺コロナだよ」家電量販店で叫んだ男を威力業務妨害容疑で逮捕 名古屋

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです