メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今日も天気で

大災害となった台風19号=鮫島弘樹 /愛知

大きな雲の渦が東日本をのみ込んだ台風19号=12日午後6時(気象庁提供)

 12日に静岡県の伊豆半島に上陸した台風19号は、東日本を縦断し、想像を絶する爪痕を残して去って行きました。各地で記録的な大雨となって多くの河川で堤防が決壊、濁流が尊い命を奪い、多数の住宅が浸水する被害に見舞われました。

 なぜ、これほどまでに広範囲に大きな被害となったのでしょう。台風19号は大きく強い台風だったため、発達した雨雲が大きく広がって広範囲に雨が降りました。特に台風の進行方向前面に強い雨雲が集中していたため、中心が近づくかなり前から雨が降り始めました。そこに地形やこの季節ならではの条件が重なったことが要因と考えられる…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです