メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千歳あめ 子の成長願う 袋詰め作業 四日市 /三重

 四日市市諏訪栄町の諏訪神社で、七五三参りに欠かせない縁起物「千歳(ちとせ)あめ」の袋詰め作業が最盛期を迎えている。

 生川守圀(なるかわもりくに)宮司(72)らが、長寿を願う紅白の千歳あめのほか、学業成就の願いを込めた鉛筆などを、お守りを付けた袋に手際よく詰めている。週末までに約1000袋を準備する…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文297文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  3. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです