メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生活困窮者・無料低額宿泊所 県、運営基準制定へ /三重

 元ホームレスなど生活の苦しい人たちが利用する無料低額宿泊所について、県は運営基準を定める条例の骨子案を発表した。厚生労働省が8月に発表した「無料低額宿泊所の設備及び運営に関する基準」に基づくもので、災害対策や施設の規模などの基準を設ける。2020年3月公布、4月施行を目指す。

 無料低額宿泊所は、生活困窮者が居住し、生活支援を受けている共同住宅を示す。だが、社会福祉法で「生活困窮者に無料や低額で住まいを提供する施設」と位置づけられているだけで、事業者が「アパートだ」と主張すれば、自治体は無料低額宿泊所と判断できない。運営基…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  2. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです