メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生活困窮者・無料低額宿泊所 県、運営基準制定へ /三重

 元ホームレスなど生活の苦しい人たちが利用する無料低額宿泊所について、県は運営基準を定める条例の骨子案を発表した。厚生労働省が8月に発表した「無料低額宿泊所の設備及び運営に関する基準」に基づくもので、災害対策や施設の規模などの基準を設ける。2020年3月公布、4月施行を目指す。

 無料低額宿泊所は、生活困窮者が居住し、生活支援を受けている共同住宅を示す。だが、社会福祉法で「生活困窮者に無料や低額で住まいを提供する施設」と位置づけられているだけで、事業者が「アパートだ」と主張すれば、自治体は無料低額宿泊所と判断できない。運営基…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  4. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです