メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

シンガー・ソングライター 宮沢和史さん(53) 復活、一曲でも多く歌を

デビュー30周年を迎える宮沢和史さん=大阪市北区で、望月亮一撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 カルチャー>

さまざまな経験や出会いが、シンガー・ソングライターとしての原動力となる。

 シンガー・ソングライターの宮沢和史さん(53)が今月、デビュー30周年記念コンサートを開く。「島唄」などで知られる「THE BOOM」の元ボーカルで、解散後も幅広く活動。首の椎間板(ついかんばん)ヘルニアで休養を余儀なくされたが、1年後にステージ復帰を果たした。「30周年の節目を迎えられるとは思わなかった。感謝の気持ちを伝えたい」と話す。【前本麻有】

 大学卒業と同時にデビュー。「社会に出るイコール音楽の生活。当たり前のように日常に音楽があった」と振…

この記事は有料記事です。

残り949文字(全文1233文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サンマが黄色く変色…「メインおかず」抜きの給食に 草津の小学校

  2. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  3. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  4. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  5. 熱血!与良政談 逃げ切らせないために=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです