メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

泣いて無病息災祈る 海南・山路王子神社で「花相撲」 /和歌山

 海南市下津町市坪の山路王子神社で13日、子どもの健やかな成長を願う「奉納花相撲」があった。境内に常設されている土俵では赤ちゃんの元気な泣き声が響き、観客からは温かい拍手が送られた。

 約400年の歴史を持つ奉納花相撲は通称「泣き相撲」として知られ、県の無形文化財にも指定されている。この日は、生後4カ…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文368文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  3. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  4. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです