メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親交と理解深めたい 韓国・江原道の専門家ら、知事を訪問 /鳥取

江原道の崔承奉・保健環境研究院長(左)と握手する平井伸治知事=鳥取市で、野原寛史撮影

 県と友好提携を結ぶ韓国・江原道(カンウォンド)の共催による第15回環境衛生学会が、湯梨浜町の県衛生環境研究所で開かれた。前日には江原道の専門家ら訪問団7人が鳥取市内で平井伸治知事と会談し、日韓関係が悪化する中でも交流を深める必要性について語り合った。

 学会は2001年以降、05~08年を除いて鳥取…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文348文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. コロナは政治を変えたのか 中北教授が読む与党の「慢心」と野党に欠ける「帆」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです