メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

台風19号 未曾有の広域浸水 物流全面再開遠く(その2止)

千曲川の堤防が決壊して濁流が押し寄せたレストランの掃除をする人たち=長野市穂保で15日午後1時49分、丸山博撮影

小売りで続く品薄

 台風19号によって休業を余儀なくされたコンビニエンスストアやスーパー、外食各社は15日、営業再開に向けた対応に追われた。だが商品や材料を運ぶ物流網には支障が残り、全面再開のメドが立たない店舗もある。

 セブン―イレブン・ジャパンは当初、約1000店で休業する計画だったが、各店舗の判断で12日、関東、東北などの約4000店が休業した。ファミリーマートも約2500店、ローソンも約2200店が休業した。

 各社とも本部などから社員を派遣して営業再開を急いでいるが、浸水被害が続く関東、東北などを中心に、1…

この記事は有料記事です。

残り1288文字(全文1546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が陸上部合宿中に女子生徒にわいせつ 兵庫・小野 教諭は行方不明

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです