メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

不自由さと戦うには=古賀攻

古賀攻専門編集委員

 <sui-setsu>

 「表現の不自由展・その後」が本展の「あいちトリエンナーレ2019」と共に14日で終了した。

 表現の自由は絶対的な価値か、相対的な価値か。人を不快にさせても成り立つのか。芸術とプロパガンダをどこで区別するのか。金属探知機や、SNS(交流サイト)による不拡散の誓約書が必要な展示とは何なのか――。

 数え切れないほどの論点を提供した不自由展だが、明白な「アウト!」が少なくとも二つある。

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです