メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

就職氷河期世代を取材して 社会全体で問題共有を=牧野宏美(統合デジタル取材センター)

兵庫県宝塚市が実施した、就職氷河期世代の正規職員採用の1次試験。3人の募集に1635人が受験し、競争率は545倍に上った=兵庫県西宮市の関西学院大西宮上ケ原キャンパスで9月22日、土居和弘撮影

 新卒時に厳しい雇用環境に置かれた就職氷河期世代(おおむね1993~2004年卒)。中高年にさしかかった今、非正規雇用から抜け出せず不安定な生活を余儀なくされたり、長期間ひきこもりを続けたりとさまざまな問題に直面している。氷河期世代の私は、連載「終わらない氷河期」で同世代の人たちからこれまでの生きざまや思いを聞き、「真面目に生きてきたのに報われなかった」という実情をもっと広く知ってもらう必要があると痛感した。

この記事は有料記事です。

残り1843文字(全文2049文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです