メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本のPKO評価 遠隔医療での支援期待 運用統括、国連事務次長

カレ国連活動支援担当事務次長

 国連の平和維持活動(PKO)の運用全般を統括するアトゥール・カレ国連活動支援担当事務次長(60)が15日、東京都内で毎日新聞のインタビューに応じた。自衛隊によるPKO要員派遣国に対する重機操作などの訓練を評価し、新たにインターネットなどを使った遠隔医療での支援を期待した。

 カレ氏は、かつて約70%を占めていたPKO要員派遣国に占める先進国の割合が現在は約19%になっていると指摘。「途上国出身の要員が多くなり、装備品や技術の不足がPKOの安全面の深刻な問題になっている」と説明…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです