メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

柴犬、中国を行く 中国総局・浦松丈二

 中国でも日本の柴犬(しばいぬ)が人気だ。中国版LINE(ライン)「微信」(ウィーチャット)で、ユニークな表情の柴犬スタンプが流行したことがきっかけらしい。

 「日本のイヌだから」といじめられる事はないのだろうか。関係改善が進むとはいえ、問題を抱える隣国である。子供のころかわいがっていた柴犬を思い出し、無性に心配になってきた。

 5月に北京の繁華街・三里屯にオープンした柴犬カフェ「大黄家柴犬主題珈琲店」に連絡すると、なんと大盛況で予約が必要だった。平日午後、清潔な店内には柴犬8匹が16人の客と一緒にいた。交代要員の7匹が、控室で休憩中だという。散歩は1日3回。とても大切にされているようだ。

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  4. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです