メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉野さん「自動運転車にも活用を」 ノーベル受賞決定後、初の講演

ノーベル化学賞受賞決定後初めて講演する吉野さん=東京都江戸川区で15日、玉城達郎撮影

 ノーベル化学賞受賞が決まった旭化成の吉野彰名誉フェロー(71)は15日、東京都江戸川区で開かれた日本化学会の催しで、受賞決定後初となる講演をした。講演は受賞決定を記念したもので、約700人の学生や研究者らが詰めかけた。他の開発者の業績や基礎となった技術にも触れ、「いろいろな人の貢献があって、今のリチウムイオン電池につながった」と語った。

 吉野さんは受賞決定に先立って欧州特許庁の「欧州発明家賞」を今年受賞したことを紹介し、「産業界は(大学と異なり)論文を出せないハンディがあるが、欧州特許庁が認めてくれたのが大きかった」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに259人感染 国内計2933人に 東京で最多78人 山形で初確認

  2. 宮藤官九郎さん新型コロナ感染 「まさか自分が、と過信してしまい…」

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  5. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです