メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アニマルクライシス

脅かされる奄美・沖縄の固有種

奄美大島で湯湾岳を視察するIUCNの専門家ら(右から2、3人目)=鹿児島県大和村の湯湾岳で2019年10月9日午後、神田和明撮影

 <くらしナビ・環境>

 世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄県)には独自に進化した固有種が生息する。しかし外来種や交通事故など人為的要因で固有種が脅かされ、対策を迫られている。

 ●外来種対策が急務

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関、国際自然保護連合(IUCN)の専門家2人が8~10日、鹿児島県の徳之島と奄美大島を訪れ、固有種の保護や外来種対策の現状などを調べた。

 希少動植物が多い奄美大島の湯湾(ゆわん)岳では日中、森林の植生を見て回り、夜間はアマミノクロウサギ…

この記事は有料記事です。

残り1486文字(全文1746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ハードディスク「職員が立ち会い確実に破壊を」 総務省が通知

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです