メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡の傍らで

ジャズとプロの仕事 人とのコミュニケーション=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

大好きなジャズと医療。人とのコミュニケーションが大事という点では同じだ マンガ「コウノドリ」(C)鈴ノ木ユウ/講談社

 僕はジャズが大好きで、演奏もします。若い頃はプロの音楽家になりたいと思ったこともあります。音楽の基礎知識を書いた楽典を買ったり、オーディションを受けたり、その道のプロの人をつかまえて質問しまくったり。

 ジャズには基本的に楽譜がありません。どの曲調、どの拍子でどんな感じで演奏するかという最低限の決まり事を押さえていれば、楽器の数や構成は関係ありません。あとは自分のイメージで演奏すればよいのです。高校時代、読みふけっていたジャズピアニスト、山下洋輔さんの著作に「弾かないのが最適な場面であれば演奏しなくてもよい」という意味のことが書かれていて、感動したものです。ジャズはそれだけ自由度が高いため、楽譜にはメロディーとコードのみ書かれています。あとはあなたの才覚でやってね、という意味でしょう。この自由さは同時に、受け持ったパートは自らの責任でやらねばならないという重圧もあります。僕がよいと思ったフレーズが、他の演奏者や聴衆にとって心地よいものであるかどうか、その兼ね合いの難しさもあります。

 最初はやりたいように演奏していました。しかし、それでは自分以外の人たちが心地よくないことの方が多か…

この記事は有料記事です。

残り826文字(全文1323文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 織田信成さんが関大コーチを提訴「悪弊へ一石投じる思い」

  3. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです