メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

No Pain No Gain

計算された試合運び=箕内拓郎

 日本が世界に追いついたことを証明した勝利だった。後がない状況のスコットランドは、この一戦に照準を合わせてきた。その相手をねじ伏せた。世界のトップレベルと対等か、それ以上に戦える手応えを感じさせた。自分が現役だった頃は「決勝トーナメントは上の世界」という印象だったが、今そこに上り詰めた。日本ラグビーの成長は、感慨深い。

 勝利のポイントは、計算された試合運びだ。前半、日本はキックをほぼ使わず、ボールを保持する戦い方に徹し、走力の高い選手がそろうスコットランドに攻撃機会を与えなかった。攻撃の内容では、速いテンポでグラウンドの左右を大きく使って相手を揺さぶった。

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1062文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 東京都が3回目の時短要請発表 不要不急の外出自粛も イート「利用控えて」

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです