メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

塚原直也のプラスワン

練習の質、露より高めよ

男子種目別決勝、跳馬で優勝したロシアのナゴルニーの1回目=宮間俊樹撮影

 13日に閉幕した体操の世界選手権(ドイツ・シュツットガルト)で、男子は団体総合で旧ソ連時代以来28年ぶりに優勝したロシアのレベルが全体的に高かった。特に個人総合金、銀のニキータ・ナゴルニーとアルトゥール・ダラロヤンの両エースは、かなり難しい演技構成を着地までほぼ完璧に決めていた。全種目に隙(すき)がなく、一番強い時の内村航平(リンガーハット)の上をいくのではと思った。

 昨年に続き団体総合銅メダルの日本は、今大会に技の難度(Dスコア)を上げて臨み、Dスコアではロシアや…

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです