台風19号 停電、断水 タワマン悲鳴 川崎市、住民ホテル避難

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 台風19号では、首都圏で近年増えているタワーマンションの住民も打撃を受けた。川崎市の武蔵小杉駅前では、地下にあるマンションの電気システムが浸水するなどし、停電や断水の被害が続出。4日目を迎えた15日も多くの住民が不便な暮らしを強いられている。

 武蔵小杉はJRや東急東横線など複数の路線が乗り入れ、駅前に複数のタワーマンションが林立する。駅から数分の地上47階、地下3階のマンションは600戸以上が入居し、約1500人が暮らす。15日午後も停電、断水が続き、マンション前の路上には何本ものチューブが地下の駐車場へ伸び、水の排出が進められていた。

 21階に暮らし、リュックを背負って出てきた男性(75)は、14日から近くのホテルに夫婦で避難中で、荷物を取りにいったん戻ってきたという。「街歩きが趣味でよく歩いているが、やはりしんどい。上階は一部電気が復旧したが、私たちの部屋は1週間程度は状況は変わらないようなので、ホテルで過ごすしかない」と疲れた表情で語った。【吉田卓矢、牧野宏美】

あわせて読みたい

注目の特集