メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港議会が開会 民主派議員が議場で抗議活動 林鄭氏は演説中断、荒れ模様

[PR]

 政府への抗議デモが続く香港で16日午前、立法会(議会)の新しい会期が始まり、政府トップの林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官が施政方針演説をした。だが民主派議員が議場で抗議活動をしたため、林鄭氏は演説を中断して、議場を離れた。開会初日から荒れ模様となった。

 政府側はこの日、顔を隠してデモに参加することを禁じる覆面禁止法案を改めて立法会に諮る予定。当局側はデモ隊を警戒して立法会の周辺に二重にバリケードを敷く厳戒態勢で、朝から機動隊員が警備に当たった。

 政府は、事実上の非常事態法である緊急状況規則条例(緊急法)を52年ぶりに発動し、議会の可決なしに今月5日に覆面禁止法を施行したが、改めて議会で採択することで、正当化を図る。市民の強い反発を受けている法律だが、親中派の賛成多数で可決される可能性が高い。

 一方で政府側は16日中に、6月から続くデモの引き金となった「逃亡犯条例」改正案の撤回を宣言。林鄭氏は長期化するデモを受け、演説で改めて「暴力の停止」や「秩序の回復」を呼び掛ける予定だった。

 香港の議会は毎年、10月に開会し、その翌年の夏に閉会する。【福岡静哉】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです