メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関係悪化の中でも韓国からの参加増加 28日から松山で日中韓地方政府交流会議

愛媛県庁=松山市で2019年2月21日、花澤葵撮影

 愛媛県は16日、松山市などで28~31日に開かれる「日中韓3か国地方政府交流会議」について、自治体や国際機関の参加団体数やプログラムを公表した。日韓政府間の関係悪化が経済や市民交流にも影響を及ぼす中、韓国からの参加団体の申し込み状況は20団体(55人)で、前回日本(岡山市)で開かれた2016年の16団体(66人)を上回った。地域資源を生かした魅力の創造などについて意見を交わす。

 交流会議は一般財団法人自治体国際化協会と県が主催。他の参加申し込み状況は日本が54団体236人、中…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです