メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

警視庁=本橋和夫撮影

 無許可で映画を上映したとして、警視庁は映画館「吉祥寺ココマルシアター」(東京都武蔵野市)を経営していたゲームコンテンツ企画制作会社の男性社長(50)ら2人を16日に興行場法違反容疑で書類送検する方針を固めた。社長らは容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、書類送検容疑は2018年7~12月、武蔵野市吉祥寺本町で、都の許可を受けずに映画館を経営したとしている。同法は映画館など興行場の営業について規定している。

 関係者によると、社長らは17年、同市内で3階建ての物件を賃貸で契約。1、2階で映画を上映する予定だ…

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1145文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです