メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

6県12人 行方不明者の捜索続く 台風19号

行方不明者の捜索をする警察官ら=宮城県丸森町で2019年10月16日午前10時13分、平川義之撮影

[PR]

 記録的な大雨となった台風19号による行方不明者の捜索は、16日も東日本各地の被災地で続いている。毎日新聞のまとめでは、6県12人(16日午前10時現在)の行方が分からないままだ。懸命の捜索が続く一方、この日は各地で今季一番の冷え込みとなり、被災者には厳しい朝となった。

 気象庁によると、16日朝は上空の寒気と緩やかな高気圧に覆われて放射冷却が強まったため全国の半数以上の観測地点で今季一番の冷え込みとなった。大規模な浸水被害を受け、この日も朝から捜索が続く宮城県丸森町では最低気温が平年より3・2度低い5・4度、福島県二本松市では2・9度低い6・2度を記録した。

 同庁の予報では、週末にかけて東日本は低気圧や前線の影響で天候が崩れるとみられ、東北地方の太平洋側では低気圧の発達の程度によって再び大雨となる恐れがあるという。台風19号の影響で地盤が緩んでいる地域を中心に、災害への警戒が必要となる。

 一方、堤防が決壊した河川は、福島、宮城両県にまたがる阿武隈川水系に集中し、死者74人のうち福島県26人、宮城県14人と両県で犠牲者の半数を超えた。

 国土交通省によると、堤防が決壊した7県の55河川79カ所(16日午前5時現在)のうち18カ所が阿武隈川水系で、13日の目視調査では、国管理の159キロ(福島県側109キロ、宮城県側50キロ)のほぼ全域が浸水状態だった。

 7人が死亡した福島県本宮市では、阿武隈川の氾濫と同時に支流の安達太良川の堤防が決壊し、両川に接する地域が浸水。隣接の郡山市でも阿武隈川支流の堤防が決壊し、4人が亡くなった。阿武隈川支流で堤防が3カ所決壊した宮城県丸森町では5人の死亡が確認されている。【大島祥平、奥山はるな】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  4. 米グーグルを集団提訴 ブラウザー利用者「シークレットモードで履歴収集」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです