キャンセル不可は違法、USJを提訴 「利用者に一方的な不利益」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン=幾島健太郎撮影
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン=幾島健太郎撮影

 テーマパークのユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市此花区)が規約でチケットのキャンセルや転売を禁じているのは、消費者契約法に違反しているとして、NPO法人・消費者支援機構関西(同市中央区)が16日、USJ側に規約の一部差し止めを求めて大阪地裁に提訴した。NPO側は「利用者に一方的な不利益が生じており、規約は無効だ」と訴えている。

 訴状などによると、USJの運営会社は公式ウェブサイトで各種のチケットを販売。利用規約は目的に関わらず一切の転売を禁止し、原則キャンセルも認めていない。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文556文字)

あわせて読みたい

注目の特集