メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

いじめ問題で頭を下げる神戸市立東須磨小の仁王美貴校長(右)ら=神戸市中央区の同市役所で2019年10月9日午後5時1分、峰本浩二撮影

[PR]

 神戸市立東須磨小で20代の男性教諭が同僚教諭4人からいじめや暴行を受けていた問題で、同校の20代の女性教員が加害側の男性教諭1人から暴行され、けがをしたと訴えていることが市教委への取材で明らかになった。同校の前校長が、この20代男性教諭に飲み会を強要していたことも判明。市は今週にも専門家らによる調査チームを設置し、事実関係を調べる。

 市教委によると、女性教員は昨年の体育祭の際、30代の男性教諭から腕を強くつかまれて引きずられ負傷、着ていた服が破れたと話している。セクハラにあたる発言をされたとも訴えているという。さらに、加害教諭の一人が同僚女性に激辛ラーメンを食べさせていたという情報もあり確認している。

 一方、市によると、前校長は教頭時代の2017年夏ごろ、飲み会への参加を断った男性教諭に対し、出席を強いるハラスメント行為をしたという。前校長を巡っては今年2月、他の教員から「(20代の男性教諭に対して)4人のふざけの度が過ぎている」と訴えがあったにもかかわらず、具体的に調査しなかったことが問題となっている。【反橋希美、井上元宏】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです