神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
いじめ問題で頭を下げる神戸市立東須磨小の仁王美貴校長(右)ら=神戸市中央区の同市役所で2019年10月9日午後5時1分、峰本浩二撮影
いじめ問題で頭を下げる神戸市立東須磨小の仁王美貴校長(右)ら=神戸市中央区の同市役所で2019年10月9日午後5時1分、峰本浩二撮影

 神戸市立東須磨小で20代の男性教諭が同僚教諭4人からいじめや暴行を受けていた問題で、同校の20代の女性教員が加害側の男性教諭1人から暴行され、けがをしたと訴えていることが市教委への取材で明らかになった。同校の前校長が、この20代男性教諭に飲み会を強要していたことも判明。市は今週にも専門家らによる調査チームを設置し、事実関係を調べる。

 市教委によると、女性教員は昨年の体育祭の際、30代の男性教諭から腕を強くつかまれて引きずられ負傷、着ていた服が破れたと話している。セクハラにあたる発言をされたとも訴えているという。さらに、加害教諭の一人が同僚女性に激辛ラーメンを食べさせていたという情報もあり確認している。

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文471文字)

あわせて読みたい

注目の特集