メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

補助金不交付で大村知事が反発「撤回してもらう」

補助金不交付問題で文部科学省を批判する大村秀章・愛知県知事=名古屋市中区の愛知県庁で2019年10月16日午前10時9分、竹田直人撮影

[PR]

 14日閉幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」への文化庁の補助金不交付問題で、芸術祭実行委員会会長の大村秀章・愛知県知事は16日の定例記者会見で「法廷で文部科学省の対応をただし、不交付を撤回してもらう」と、改めて同省を提訴する姿勢を強調した。

 企画展「表現の不自由展・その後」が脅迫などで一時中止に追い込まれたことに対し、同庁は「県の手続きに不備があった」などとして、一度採択した補助金7820万円の不交付を決めた。15日の参院予算委員会で、同庁は決定に際し、職員を現地派遣して状況を確認していないとし、宮田亮平長官も「私は決裁していない」と答弁した。

 大村知事は「文科省は我々の手順に不備があったと言うが、問題はなかった」と主張。逆に「ちゃんと手順を踏んでいたのか。誰が決めたのか」と同庁の手続きを明らかにするよう求めた。

 一方、芸術祭実行委会長代行の河村たかし・名古屋市長が市独自の検証委を設け、負担金を支払うか決めると発表したことに「作品がけしからんと検証するのなら『検閲』委員会になる」などと批判した。【竹田直人】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 天気 東京、今年は「木枯らし1号」ない冬に 39年ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです