メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森保J トップを南野、トップ下を鎌田に入れ替えた理由

W杯アジア2次予選【日本-タジキスタン】タジキスタン戦に臨む、日本代表のスターティングメンバー=ドウシャンベで2019年10月15日、AP

W杯アジア2次予選○日本3-0タジキスタン●(15日・ドウシャンベ)

 苦しんだ前半を終えたハーフタイム。日本は選手が動いた。森保監督が練習から「どちらでもいい」と言っていた1トップの鎌田とトップ下の南野の位置を後半、入れ替えた。

 大迫が不在の中、FWが本職ではない鎌田を1トップに置いたのは2次予選だからこそできる挑戦だった。しかし、前線でボールが収まらず、ゴールが奪えない。選手たちが「相手は落ちてくる。そこで仕留められればいい」と口をそろえた後半、南野が…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです