メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

17日にプロ野球ドラフト会議 最速163キロ右腕・佐々木に競合する球団は

記者会見でプロ志望を表明し、「タイトルをすべて取りたい」と語る大船渡高校の佐々木朗希投手=岩手県大船渡市で2019年10月2日午後6時27分、丸山博撮影

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議は17日午後5時から、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われる。最速163キロ右腕の佐々木朗希投手(岩手・大船渡高)は日本ハム、ロッテ、西武の3球団が1位指名を明言。地元東北の楽天や、ともに投手を1位指名する方針の巨人、ソフトバンクなども関心を示しており、何球団が競合するか、注目される。

 佐々木について、西武の渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)は16日、「すべてのポテンシャル(潜在能力)が高い」と評価した。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  5. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです