メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪マラソン、競歩の札幌開催検討 IOC発表 小池知事「唐突」

東京五輪の代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)男子で、37キロ付近で先頭を走っていた設楽悠太(手前左)に追いつく優勝の中村匠吾(右から2人目)ら=東京都内で2019年9月15日午前10時47分(代表撮影)

 国際オリンピック委員会(IOC)は16日、2020年東京五輪の暑さ対策でマラソンと競歩の会場を東京から札幌に移す代替案を検討していると発表した。大会中の気温が東京よりも5~6度低いことなどを理由に挙げており、IOCのトーマス・バッハ会長は「選手の健康は我々の最大の関心事。新たな提案はいかに深刻に懸念しているかの表れ」とコメントした。

 東京五輪のマラソンは女子が8月2日、男子が最終日の8月9日に行われる。招致段階では午前7時半にスタート予定だったが、大会組織委員会はIOCとの協議を経て午前6時に開始することを決定。競歩も男子50キロを午前5時半、20キロは男女とも午前6時開始に変更するなど対策していた。組織委は「選手の健康は組織委にとっても最重要事項。(30日から東京都内で始まる)IOC調整委員会で東京都とも連携し、議論する」…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都の感染者が新たに118人 初の3桁 新型コロナ

  2. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. C.W.ニコルさん死去 作家・ナチュラリスト 79歳

  5. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです