メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

暑さ対策専門家は好意的意見 東京五輪マラソン、競歩札幌開催検討

東京五輪の代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)男子で、37キロ付近で先頭を走っていた設楽悠太(手前左)に追いつく優勝の中村匠吾(右から2人目)ら=東京都内で2019年9月15日午前10時47分(代表撮影)

 国際オリンピック委員会(IOC)が2020年東京五輪の暑さ対策として、マラソンと競歩の会場を東京から札幌に移すことを検討すると16日に発表したことについて、暑さ対策の専門家からは好意的に受け止める意見も聞かれた。

 昨年10月に大会組織委員会へマラソンのスタート時刻を午前5時半に早めるよう求めた中京…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文276文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  2. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  3. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです