メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

監督「対策が変わる」「アドバンテージが…」「早く決めて」 五輪マラソン札幌検討

東京五輪の代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)男子で、37キロ付近で先頭を走っていた設楽悠太(手前左)に追いつく優勝の中村匠吾(右から2人目)ら=東京都内で2019年9月15日午前10時47分(代表撮影)

 2020年東京五輪開催まで1年を切った段階で、猛暑が懸念されたマラソンなどの代替開催案が浮上する異例の事態となった。国際オリンピック委員会(IOC)が16日に男女マラソンと競歩の会場を東京から札幌に移すことを検討していると発表したことを受け、国内の陸上関係者らは「びっくり。一方的なことでありえない」などと戸惑いの声が広がる一方、暑さ対策の専門家からは好意的な意見も聞かれた。

 日本陸上競技連盟は先月15日、男女各2人の東京五輪代表を一発選考で決める選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」を開催した。コースは東京五輪とほぼ同じで、男子マラソン代表の中村匠吾や50キロ競歩代表の鈴木雄介が所属する富士通の福嶋正監督は「北海道ならば対策が違ってくる。(マラソンの日本勢は)あのコースで走ったアドバンテージもある。暑さは覚悟して臨むしかないと思っていた」と困惑した様…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パンデミックでない」WHO強調 新型コロナ感染拡大で危険性「最高」に引き上げ

  2. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  3. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです