メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

古いクルマのファン悲鳴! 旧車パーツの価格が高騰し続ける理由とは

情報提供:カートップ

古いクルマのファン悲鳴! 旧車パーツの価格が高騰し続ける理由とは

パーツが数年前の2倍の価格になっているものも!

 旧車が人気ということもあり、パーツ供給に注目が集まっている。パーツがないことには維持もできない。日本車についてはよく言われるようにかなり厳しい状況ではあるが、想像以上に数は出ていて、絶望的というわけではないのも事実である。

 ただし、問題になっているのが価格が高いということ。これはメーカー限らずで、1990年代のクルマを扱うショップに行くと必ず聞かれる話で、毎年改定されてどんどん高くなっているという。なかには数年前の倍にもなることもあるという。

 ないよりはましではあるのだが、一体なぜ高いのだろうか? 輸入車ならわかるが、国産車は安いのが特徴だったりしたはずだ。その理由を検証してみた。

 まず単純に売れないからというのがある。自動車本体のみならず、パーツにも言えるのだが、現代は大量生産が前提。それがクルマ離れなどで販売台数が落ちれば、パーツの生産数も減って、量産効果が薄れて高くなってしまうのだ。現存台数が少ない時代のものともなればなおさらである。

旧車のパーツ

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

  5. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです