メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 即位パレード、延期検討

 政府は17日、天皇陛下の即位に関して22日に行う儀式のうち、パレード「祝賀御列(しゅくがおんれつ)の儀」を延期する検討に入った。東日本各地で甚大な被害を出した台風19号の被災地に配慮する。陛下が即位を内外に宣言される22日の「即位礼正殿の儀」は予定通り実施する見通し。

 祝賀御列の儀では、22日午後にオープンカーに乗った天皇、皇后両陛下が皇居から赤坂御所まで走行する予定だった。

 パレードの前に行われる即位礼正殿の儀は、190以上の国・地域、国際機関の要人を招く予定で、日程の再調整が困難なこともあり予定通り行う。陛下が「高御座(たかみくら)」に上って即位を宣言するお言葉を述べるもので、一連の皇位継承行事で重要な位置づけとされる。

 皇室の慶事が自然災害の影響で延期されたことは過去にもある。上皇陛下の長女、黒田清子さんの婚約内定発表は当初、2004年11月に予定されていたが、新潟県中越地震と高松宮妃喜久子さまの逝去によって2度延期された。17年7月に予定された秋篠宮さまの長女、眞子さまの婚約内定発表も、九州北部豪雨のため2カ月延期されている。

 今回の台風19号を巡り、秋篠宮妃紀子さまと長男悠仁さまが13日のラグビー・ワールドカップ観戦を取りやめられている。【野口武則】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです