メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Dr.白澤・100歳への道

脂肪細胞老化と体重増 長寿ホルモンで燃焼効率上げ抑制

 年を取ると、食事を制限しても運動をしても若い頃のように体重を減らすことができないという経験をしている人が多いのではないか。脂肪細胞が老化すると代謝効率が下がるために若い頃のようには脂肪が燃焼しなくなるといわれる。ただし、脂肪細胞の加齢現象なのか筋肉組織や心肺機能の加齢性変化なのかは、必ずしも正確には理解されていなかった。

 そんな中、スウェーデンのカロリンスカ大学医学部内科のピーター・アーネル博士らの研究グループは、加齢…

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文922文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

  5. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです