メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

紅野謙介・日大文理学部長 高校・国語改革の問題点 「文学」分離は日本語の危機

「共通テストの先には、教育の一元化・画一化がある」と懸念する紅野謙介・日大文理学部長=内藤絵美撮影

 どこかおかしくないか。2021年に始まる大学入学共通テストと、高校の新学習指導要領改定に伴う国語教育改革のことである。教育現場などは危機感を募らせるが、文部科学省が立ち止まる気配はない。では国語教育改革の論点とは――。日本近代文学研究者で日本大の紅野(こうの)謙介・文理学部長(63)が縦横に語った。【中澤雄大】

 <高校国語から「文学」が消える>。月刊誌「文芸春秋」(18年11月号)に刺激的な見出しが躍ったのは…

この記事は有料記事です。

残り2617文字(全文2824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  5. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです