メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きままに演芸

じゅんじゅんと入門60年

 人間国宝の落語家、柳家小三治の新音源CDが6カ月連続で発売されているのを記念したイベントが、東京・有楽町朝日ホールで開かれた。今年、傘寿を迎える小三治は「100歳になっても落語をやりたい。結局、噺家(はなしか)は人柄が出るものだと思うので、20年で自分がどう変化していくのか楽しみだね」と話した。

 12年ぶりのオリジナルCD「朝日名人会ライヴシリーズ・柳家小三治1~6」(ソニー・ミュージックダイレクト 来福レーベル)は各2枚組みで6月から毎月発売している。この日は第1弾に収録した「長短」を披露した。

 マクラでは、師匠の五代目柳家小さんの思い出に触れた。噺家になって4、5年目の「ちょっといい気になっ…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 無免許ひき逃げ後、土に軽トラ埋めて証拠隠滅 容疑者逮捕

  5. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです